VIOの中のOラインは医療脱毛なら何回で終わる?

医療脱毛のVIOコースの中で、OラインはVライン、Iラインよりも毛量は少なく、ほとんど処理をしなくてもいい人もいます。

少しの毛であっても一緒に処理したいという声が多く、VIOセットで処理する人が多いですね。

★Oラインの特徴

OラインはVIOの中で一番毛量が少ないですし毛質も細めなのですが、色素沈着を起こしやすい場所なので、Iラインと同様、Vラインよりも何回か多く照射しないといけません。

痛みはそれほど強くなく、照射された時にピリッとする痛みがあるだけで、我慢できないほどではありません。

しかし、部位が部位ですので照射しにくく、痛みのために力が入ると打ち漏れが起こりやすいのでなるべくリラックスして受けるようにしましょう。

痛みに耐えられない場合は、麻酔を使ってもらった方がすんなり終わります。

★痔がある場合は注意

Oラインの脱毛で、痔が悪化することはありませんが、いぼ痔などで外側にできているような場合は照射で強い痛みを感じることがあります。

痔がある場合は、照射できないとしているクリニックが多いですから、まずは痔の治療をしてから医療脱毛を受けましょう。

★何回くらい受ければいいか

Oラインが自己処理不要となるまではIラインと同じように8回くらい、無毛にする場合は10回以上となっています。

Iラインの時と同じように、出力を下げて照射しますのでその分回数が増えてしまうのです。

しかし、多くの人が自己処理が不要となる程度で終了しています。

Comments are closed.