Archive for admin01

医療脱毛でVIOをツルツルにするなら

日本ではまだあまり浸透していませんが、それでもVIOをハイジニーナ(無毛)にする人が少しずつ増えてきています。

医療脱毛でツルツルにしてしまえば、全く自己処理は必要ありませんし、どんな水着でも下着でも着られるので楽ですよね。

無毛にするには何回くらいの照射が必要なのでしょう。

★無毛にするメリットとは

デリケートゾーンVIOの毛をすべて無くしてしまうと、どんなメリットがあるのでしょう。

先ほども言った水着や下着がどんなデザインのものでも着られるという他には、自己処理しなくて良いので色素沈着を予防できます。

また、ムレやニオイの原因が無くなるのでいつも清潔な状態が保てます。

特に生理中がとても快適になったという声が多いですね。

★何回くらいで無毛にできる?

多くの医療脱毛ができるクリニックでは、VIO脱毛が5回コースに設定されていることが多いです。

しかし、完全に無毛にするなら、最低でも8回くらいは必要ですから、8回コースを設定しているクリニックがおすすめです。

8回コースを設定しているクリニックもありますので、ハイジニーナにすると決めている人はそこに行くことをおすすめします。

しかし、5回くらいでも無毛になる人もいますので、様子を見ながらでも良いかもしれません。

★無毛に抵抗があるなら

毛が無くなると楽だろうけど、VIOラインすべて毛を無くすのは抵抗がある場合、5回コースで十分でしょう。

5回受けてもかなり毛は減りますし、ほとんど生えてこなくなります。

私も、5回コースを受けてみようかなと気持ちが固まってきましたよ。

▽ハイジニーナ脱毛について気になる記事⇒https://news.mynavi.jp/article/20170522-a106/

VIOの中のOラインは医療脱毛なら何回で終わる?

医療脱毛のVIOコースの中で、OラインはVライン、Iラインよりも毛量は少なく、ほとんど処理をしなくてもいい人もいます。

少しの毛であっても一緒に処理したいという声が多く、VIOセットで処理する人が多いですね。

★Oラインの特徴

OラインはVIOの中で一番毛量が少ないですし毛質も細めなのですが、色素沈着を起こしやすい場所なので、Iラインと同様、Vラインよりも何回か多く照射しないといけません。

痛みはそれほど強くなく、照射された時にピリッとする痛みがあるだけで、我慢できないほどではありません。

しかし、部位が部位ですので照射しにくく、痛みのために力が入ると打ち漏れが起こりやすいのでなるべくリラックスして受けるようにしましょう。

痛みに耐えられない場合は、麻酔を使ってもらった方がすんなり終わります。

★痔がある場合は注意

Oラインの脱毛で、痔が悪化することはありませんが、いぼ痔などで外側にできているような場合は照射で強い痛みを感じることがあります。

痔がある場合は、照射できないとしているクリニックが多いですから、まずは痔の治療をしてから医療脱毛を受けましょう。

★何回くらい受ければいいか

Oラインが自己処理不要となるまではIラインと同じように8回くらい、無毛にする場合は10回以上となっています。

Iラインの時と同じように、出力を下げて照射しますのでその分回数が増えてしまうのです。

しかし、多くの人が自己処理が不要となる程度で終了しています。

VIOの中のIラインを脱毛するには医療脱毛で何回くらい?

VIOの医療脱毛でIラインを処理したことがある人に聞くと、相当な痛みを伴ったという人が多いです。

しっかりした毛が生えていますし、皮膚は薄いですから仕方ないですよね。

Iラインを処理する場合、何回くらい受けると良いのでしょうか。

★Iラインの特徴

Iラインは、ずっと下着に覆われているところですし、座ったり自転車に乗ったりして常に摩擦が起こりやすいところなので色素沈着しています。

医療脱毛のレーザーは、黒いものに良く反応しますので、濃い毛や色素沈着を起こした部位には良く反応するのです。

そのためVラインよりも強い痛みを感じることが多いようです。

★医療脱毛なら粘膜ぎりぎりまで照射可能

VIOの中でも特にIラインはデリケートな部分で、粘膜付近まで毛が生えていることがあります。

サロンの場合、粘膜付近は照射してくれないことが多いのですが、医療脱毛の場合は粘膜ぎりぎりまで照射してもらえますので、きれいなIラインに仕上がります。

しかし、痛みは相当強いので、麻酔を使った方が良いかもしれませんね。

★処理は何回くらい必要か

Iラインで自己処理が不要となる程度であれば、8回くらいが必要です。

全くの無毛にするなら10回以上必要となっており、Vラインよりも何回か多くなる可能性があります。

やはり痛みが強いため出力を少し下げるので、その分時間がかかるのです。

しかし、多くの女性が処理をしていますから、それほど痛みについては怖がる必要はないでしょう。

VIOのうちVラインを医療脱毛するなら何回くらい?

医療脱毛でVIOコースがありますが、それぞれ何回くらい受けると効果が出てくるのでしょうか。

ここでは、Vラインの医療脱毛の方法と回数について調べてみました。

★Vラインのみの脱毛も可能

基本的にはVIOラインをすべて含んだセットでの契約が多いのですが、お試しという形でVラインだけを脱毛する人もいます。

Vラインの医療脱毛は人気部位となっています。

Vラインの毛は太くて硬いため、レーザーの反応が良く、脱毛効果も高いです。

Vラインだけでもきれいに整えていると、下着からのはみだしなどがないのでストレスが減ったという人もいます。

★自然な形で残す人が多い

Vラインは全部脱毛するのではなく、自然な形で残すという人が多いです。

その場合、最初の2回くらいは全処理してレーザー照射をし、毛量を減らします。

自然な形で残す場合何回くらい受ければ良いかですが、だいたい5回くらいで完了するのではないかと言われています。

もちろん、毛量や毛質には個人差があるのですが、無毛にしないなら5回くらいが良いでしょう。

◎ご参考までに・・・あそこの脱毛に彼がドン引き!?「初めてのクリスマス」成功談&失敗談

★痛みはどうなのか?

医療脱毛は痛いと聞きます。

特にVIOラインは皮膚も薄いので痛みが強いのではと思いますが、Vラインは特にしっかりした毛が生えているためレーザーの反応が良く、他よりも痛みを感じやすいと言われています。

しかし、医療脱毛では麻酔が使えますので痛みに耐えられない場合は使ってもらうと楽にできますよ。